金剛峯寺の台所













金剛峯寺の台所です

金剛峯寺の台所金剛峯寺の台所金剛峯寺の台所大きな釜が並んでます。

このこれは、明治時代まで使われておりました。

高野山は、今のように、車や🚗走れる道やケイブルカーが明治時代までなかったので、この釜を使ってお坊さんたちが、お大師様にご飯をあげたりお野菜を煮込んだりして、お大師様にあげたて、その後で、お坊さんたちが召し上がっていたんです。

2石がまは、いっぺんに、300キログラム炊くことができます。

「300キログラムと言っても昔の測り方です。」お米でいいましたら、20キログラムを、一つの釜で炊いていたわけですから、3つの窯がいっぺんに活用されていましたから一回に、お米でいいましたら、60キログラムのお米を炊いていたことになります。

江戸時代は、今のような測りはありませんから一升枡を使っていたものとおもわれます。上の写真のようなますで何杯と言った感じで測られていたとおもわれます。

高野山は稲が取れませんでしたから、宝来と言って和紙を切って作った飾りを神様にしめ縄の代わりとして使っておりました。

今も宝来を使っているところもあります。


上の看板が、2石窯ことが書かれております。あくまでもキログラムとなっておりますが江戸時代には、今のような測りは、ありませんでしたから!おかしいと思わないでくださいね。







昔は、ネズミ(ネズミ)撮りの、優れたものはありませんてましたから、穀物を置いたりして保管しておくために宙吊りにしたものの上にお米等を置いて上に和紙を巻いてネズミが穀物に近づいたら、滑って下まで落ちてしまうような仕掛けをして、穀物をネズミからまもったんですね。







真然大徳様の御廟もあります。

お大師様の跡を継がれて高野山の、お大師がやり残された大伽藍等の健立をされた方です。

不思議なことにこの真然大徳様のお骨は、明治時代になっても、

お骨が暖かかったそうです。

逸話で残されてある話です。

金剛峯寺を拝観されたら台所も、昔の智慧であるネズミ撮りや真然大徳様もお参りしてみてくださいね。交通の便が悪かったので、智慧を絞っていろいろなことがなされていたようですね。

先人の智慧を、ものを大切にして、人を大事にして、お大師様、真然大徳様の時代の頃を感じとってみてくださいね。

愛媛県松山市立花の開運占いサラスヴァティ

           (sarasvati )

金剛峯寺の台所です

金剛峯寺の台所金剛峯寺の台所金剛峯寺の台所大きな釜が並んでます。

これは、明治時代まで使われておりました。

高野山は、今のように、車や🚗走れる道やケーブルカーが明治時代までなかったので、この釜を使ってお坊さんたちが、お大師様にご飯をあげたりお野菜を煮込んだりして、お大師様にあげて、その後で、お坊さんたちが召し上がっていたんです。

2石がまは、いっぺんに、300キログラム炊くことができます。

300キログラムと言っても昔の測り方です。お米でいいましたら、20キログラムを、一つの釜で炊いていたわけですから、3つの窯がいっぺんに活用されていましたから一回に、お米でいいましたら、60キログラムのお米を炊いていたことになります。


江戸時代は、今のような測りはありませんから一升枡を使っていたものと思われます。上の写真のようなますで何杯と言った感じで測られていたと思われます。


高野山は稲が取れませんでしたから、宝来と言って和紙を切って作った飾りを神様にしめ縄の代わりとして使っておりました。

今も宝来を使っているところもあります。


上の看板が、2石窯ことが書かれております。あくまでもキログラムとなっておりますが江戸時代には、今のような測りは、ありませんでしたから!おかしいと思わないでくださいね。


昔は、ネズミ撮りの、優れたものはありませんでしたから、穀物を置いたりして保管しておくために宙吊りにしたものの上にお米等を置いて上に和紙を巻いてネズミが穀物に近づいたら、滑って下まで落ちてしまうような仕掛けをして、穀物をネズミからまもったんですね。


真然大徳様の御廟もあります。

お大師様の跡を継がれて高野山の、お大師がやり残された大伽藍等の健立をされた方です。

不思議なことにこの真然大徳様のお骨は、明治時代になっても、お骨が暖かかったそうです。

逸話で残されてある話です。


金剛峯寺を拝観されたら台所も、昔の智慧であるネズミ撮りや真然大徳様もお参りしてみてくださいね。交通の便が悪かったので、智慧を絞っていろいろなことがなされていたようですね。

先人の智慧を、ものを大切にして、人を大事にして、お大師様、真然大徳様の時代の頃を感じとってみてくださいね。

       愛媛県松山市立花の開運占いサラスヴァティ

           (sarasvati)   







閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示