赤ちゃんの授かり方

更新日:2021年10月30日


生きていた時の行い、業などにより、次に生まれ変われるところが決まります。5つの法則に、合格すればつぎも人間の肉体を持つこと、できます。「輪廻転生」といいます。

例えば

・殺生をしないこと。

・盗みをしないこと。

・嘘をつかないこと。

・飲酒をしないこと。

等です。





合格したかたは、この行(とは修行することです

)次の人生の修行を頑張るために、波長の合う母親の体内に入ってきますが、体内に入る前に神様に今度の人生では、これとこれをしてきますと約束して胎内にはいらせていただきます。

「例えば、嘘はつきません、人のために働きます等です。」

神様と約束しましたら、その修行を、できる環境の母親の体内に送ってくださるのです。

子供のできない方に、子供の縁をつなぐために、お参りをしていただいてます。感謝をしていただき、禊ぎをしていただく意味です。そして、波長のある魂を呼び込んでもらいます。(波長とは、ラジオの周波みたいなものです周波数が合わなければラジオは聞けませんよね。)

親子となる魂が間違えなく入っていただくために数珠を持ってもらいます。素直な心で慈しみを持って過ごしていただくことで、体内(に子供さんとなる魂を呼び寄せることができます。

   体験談ですが、

最初は不安や迷い、苛立ちが、怒り不安定になられるようですが、感謝して、素直になることで、体内で魂が母親の鼓動を、聞くことで羊水の中で落ち着いてくるようです。母親の方も顔が見えないけれども、自分のお腹の中の子が、愛おしく思える様です。感謝して、素直に信じて幸せを呼び込んでください。たとえ、逆子でも、この子はこの体制が楽なんだなと無理をせず、生まれてくる時はきちんと出てきて下さいと願えばそれが叶うようです。皆さんも人生に感謝をして、素直になって、

山あり谷ありの人生を乗り越えていきましょう!!人生の心の在り方を勉強して、より良い人生と社会を作ることに近づけていただくことを願っております。

松山市立花の開運占いサラスヴァティ(SARASVATI)


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示